初級から中級者向けのパソコン教室でのExcelやWordそしてインターネット、メールをわかりやすく解説していきます。

はがきの宛名

TOP > Word > はがきの宛名

はがきの宛名

年賀状や暑中見舞い、いろいろな案内をはがきで書くときにExcelWordの住所録を使って宛名書きをする方法を解説します。


    画像の説明     画像の説明
左上にある丸いボタン(Microsoft officeボタン)をクリックして「新規作成」をクリックします。ここでテンプレートの選択ですが、はがきの宛名書きのテンプレートは初期設定で入っていると思いますので、「インストールされているテンプレート」をクリックして「はがき宛名印刷ウィザード」を選択して開きます。


   画像の説明   画像の説明
するとポップアップで「はがき宛名印刷ウィザード」が開始されて順番にチェックしたり書き足したりします。下の「次へ」をクリックして、今回は年賀状の宛名書きの解説をしたいと思いますので、ここで「年賀/暑中見舞」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。


   画像の説明   画像の説明
ここでは、宛名を縦書きか横書きお好きな方を選択しますが、今回は縦書きにチェックを入れます。そして「次へ」をクリックします。右図では宛名の書体を選択しますが、今回は「HG正楷書体ーPRO」を選択しました。そして「次へ」をクリック。


   画像の説明   画像の説明
ここでは宛名を書く方(裏面に)差出人を記入するかですが、今回は表面に書き込みたいので「差出人を印刷する」のチェックは外します。(チェックが入っているときにクリックするとチェックが外れます。)

右図ではどの住所録を使うかですが、今回はExcelで作った住所録を使いたいので「他の住所録ファイルを差し込む」にチェックを入れて「参照」から住所録ファイルが入っているフォルダを選択します。

画像の説明



上で使った住所録ファイルの見本です。


画像の説明



住所録ファイルの選択画面がこの左図になります。「ファイルの場所」を右横の下向き矢印で選んで「ファイル名」を反転させて「開く」で選びます。この時「ファイルの種類」が今の状態では作った住所録ファイルが見つからない時がありますので、「すべてのファイル」に変更して選びます。 



   画像の説明   画像の説明
これでウィザードの設定は完了です。「完了」をクリックします。すると、右図のように「テーブルの選択」が出ますが何もしないで「OK」で閉じます。
※注意するのは、住所録のシートに名前を付けていた場合はそのテーブルを選択してください。


画像の説明



左図のように完成します。微妙な位置はこの時に修正可能です。あまり触ってしまうと壊れてしまうこともありますので適度に^^



    画像の説明     画像の説明
最後に今の状態で印刷をすると1枚しか出ませんので、「完了と差し込み」をクリックして「個々のドキュメントの編集」をクリックします。右図のように出てきますので「すべて」にチェックを入れて「OK」で作った住所録分のはがきが出てきますのでまとめて印刷できます。

作った住所録で出したくない人がいる場合、先に住所録から抜いて別の名前で保存してその住所録を使うようにしましょう。別の名前で保存すれば元の住所録はそのまま残りますから。



選択肢 投票
参考になった 6  
知っていた 0  
よくわからなかった 0  

powerd by Quick Homepage Maker  最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional