初級から中級者向けのパソコン教室でのExcelやWordそしてインターネット、メールをわかりやすく解説していきます。

表の挿入

TOP > 表の挿入

表の挿入

表の挿入

ここでは、表の挿入について解説します。Word2007Word2003はツールの位置が違うだけでやり方はほぼ同じです。


画像の説明



まず、表を作成するために「挿入」のタブから「」を選択します。 



  画像の説明  画像の説明
」をクリックすると左図のように出ますので、作りたい表の何列何行をマウスで選択します。もしくは、右図のように「表の挿入」をクリックすると出ますのでそこで何列何行を上矢印もしくは下矢印で数字を入れます。これは2003でも大体同じです。

画像の説明



Word2007では「表ツール」の「デザイン」タブでいろいろ選べます。自分がいいなと思うのを選択してクリックしてください。なお、やり直しは何度でも出来ますのでいろいろ試してください。


画像の説明



これはWord2007の「表ツール」の「レイアウト」タブです。一覧で載せてみました。下記に少しですが例題で載せていますので、自分なりにアレンジしてみてください。


画像の説明



次に途中行を増やしたかったなって思うことってありますよね。Word2007では「レイアウト」の「下の行を挿入」で増やせます。まず増やしたい行の上のどこでもいいのでマウスカーソルを持っていきクリックします。ここですと数字の1の下に赤線を引いてある行どこでもかまいません。そして、「下の行を挿入」をクリックします。


画像の説明



そうするとこのように、2行目が増えます。列も同じですので試してください。


画像の説明

次に2003ではどうするのかですが、これは2007も共通ですが、増やしたい行の上の表の外側にマウスカーソルを持っていきます。そしてエンターキーを押すとこの上で行が増えたのと同じ状態になります。最後の行が足りなくなっても、最後の行の表の外側をクリックしてエンターキーを押すと行が増えますので最初は少なめに作っててもいいかもしれませんね。


画像の説明



次に逆に行が多すぎた場合です。なくしたい行のどこでもいいですからマウスカーソルを持っていきます。そして「レイアウト」のタブにある「削除」を選択します。そうすると上図のように出ますので、行の削除をクリックすれば選択した行が消えます。



 画像の説明 画像の説明
次に一気に表を作ったのはいいけど、分割して真ん中に文字を入れたいなと思うこともありますよね。そのときは分割したい行の下の行、どこでもいいのでマウスカーソルを持っていきます。そして「レイアウト」の中の「表の分割」をクリックしてください。そうすると右図のように表が分割されます。


選択肢 投票
参考になった 1  
知っていた 0  
よくわからなかった 0  

表の書式

ここでは表の中について解説します。

画像の説明

まず最初のセル(表の一つの囲まれてる部分を「セル」と呼びます。)に文字を入れます。Excelと勘違いして次のセルに行きたいときにエンターキーを押すと左図のようにセルの中で改行されます。次のセルに行きたいときは矢印キーかもしくはタブキー、マウスで持っていってもいいと思います。


画像の説明



あと、文字を改行しなくても書いていると改行されたように表示されますよね。書いた文字を一列にしたい場合は下記を参照してください。



画像の説明

レイアウト」の「セルのサイズ」で数値を入れるか、手っ取り早いのがセルとセルの間の縦線の所にマウスを持っていくと左右の矢印が小さく出ます。それをクリックしながら左なら左側に右なら右側に引っ張るとセルの幅が広がります。左右のバランスを見ながら引っ張ってみてください。


画像の説明



次にセルの中で文字が上過ぎたり右過ぎたりした場合、「レイアウト」の「配置」の中央揃いをクリックします。この時に、必ず中央揃いにしたい個所をマウスカーソルで選択してください。


画像の説明



セル一つだけだとそのセルの中どこでもいいのでマウスカーソルを持っていき「中央揃い」をクリックします。いくつものセルを変えたいときは上図のように範囲指定して「中央揃い」をクリックします。

 

画像の説明



次にセルの結合です。結合したいセルを範囲選択します。


画像の説明



そして、「レイアウト」の「結合」にある「セルの結合」をクリックします。左図のように結合されます。


画像の説明



次にセルを分割したいときにそのセルを選択して「セルの分割」をクリックします。


画像の説明



セルの分割」をクリックすると左図のように出ますので、分割したい列数および行数を指定します。


画像の説明



今回は列数を4にしてみました。


画像の説明



セルにはExcelと同じようにセル番地があります。左からA,B,C,D,E・・・と下に1行2行3行4行・・・になります。左図のようになりますので。なぜセル番地の話をしたかと言いますと、Wordの表でも計算式を使って計算ができるのです。ただ、やみくもに計算はできませんのでセル番地が必要になってきます。


画像の説明



上で説明したセル番地に基づきサム関数を使ってみました。一番下のセル4つを足していちばん右のセルに答えを入れています。

やり方は、答えを入れたいところにマウスカーソルを持っていきます。そして「レイアウト」の「データ」にSUM関数がありますのでそれをクリックします。すると左図のようにどこからどこと支持します。この時にセル番地が必要となるのです。A4セルからD4セル =SUM(A4:D4) になります。いろいろ試してみてください。


選択肢 投票
参考になった 2  
知っていた 0  
よくわからなかった 0  

powerd by Quick Homepage Maker  最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional