初級から中級者向けのパソコン教室でのExcelやWordそしてインターネット、メールをわかりやすく解説していきます。

グラフ

トップページ > グラフ

グラフ

表を使ってグラフを作っていきたいと思います。

画像の説明



関数で使った表を使います。


画像の説明



まず最初にリボンのタグから「挿入」→「横棒」(今回は横棒グラフを使います。)そして、「3D横棒」をクリックします。


画像の説明



クリックしただけで2007ではグラフが出来上がります。ただ、グラフが出来上がるだけじゃ面白くありませんのでいろいろ変更していきます。


画像の説明



この時点でこのグラフは嫌だと思ったら、「グラフの種類の変更」をクリックします。


画像の説明



図のとおりいろいろなグラフが出てきます。ここで違うグラフに変更可能です。いろんなのを試すと面白いですね。



画像の説明



次にいろいろ色や影をつけたりします。リボンの「グラフツール」から「書式」を選択すると右の方に「グラフエリア」って書いてありますよね?


画像の説明



赤丸で囲んである部分、ここを「凡例」と言います。ここをクリックします。そして、「選択対象の書式設定」をクリックします。


画像の説明



クリックしたら「凡例の書式設定」が出ますのでその中のたぶから「」をクリックします。


画像の説明



影の種類がいろいろ出てきます。今回は赤丸の部分をクリックします。


画像の説明



次は「」の下にある「」をクリックして出来るだけ薄い色を選択します。その後に、タブの中にある「塗りつぶし」をクリックしてここも薄い色を選択します。「凡例」以外いろいろ試せますのでいろいろ試してください。今回は「縦(項目)軸」も変更しました。

 


画像の説明



次に良く見るとこのグラフには「グラフタイトル」がありませんので入れます。リボンにある「グラフツール」から「レイアウト」をクリックします。その中に「グラフタイトル」がありますのでクリックして、今回は「グラフの上」を選択します。


画像の説明



すると、グラフの上部に「グラフタイトル」と文字が出ますので自分で好きなタイトルを入力します。青く反転していますのでDeleteをクリックしなくてもそのまま書きこむと上書きされます。


画像の説明



今回は表のタイトルにある「家電売上一覧」と入れました。これで立派なグラフになりましたよね。


画像の説明



ちょっと試しにこの状態で「円錐形の集合縦棒」を選んでみました。最期に出来上がった状態でも変更可能です。


  画像の説明   画像の説明
グラフを触った状態でこの表とグラフを印刷しようと思うと、右図のようにグラフのみしか印刷されません。

 画像の説明  画像の説明
上記の失敗がないように、必ず何もないところをクリックしてから印刷しましょう。

印刷する前に「印刷プレビュー」を見てからすると失敗がありません。


選択肢 投票
参考になった 3  
知っていた 0  
よくわからなかった 0  

powerd by Quick Homepage Maker  最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional